千葉の葬儀を選ぶわけ

全国の葬儀は個人で行う人が増えていますが、千葉の葬儀の規模は少し大きめで、50人から100人は呼ぶという人が全体の3割以上います。

千葉で葬儀を格安で行う

on 2016年2月23日

千葉の葬儀は規模が大きいためか、費用が高くなる傾向があるようです。

葬儀の全国平均の値段は112万円ですが、千葉県の平均価格は181万もするそうです。

千葉県民の相手を思いやる精神から、参列した親族や友人に良い物を振る舞う習慣があるので高くなると思われますが、沖縄の平均64万円と比べると大きな差があります。

・搬送だけなら3万円から

家族が急に亡くなったので、どこで葬儀をするかを決めておらずに、とりあえず自分の家に搬送してもらい、後のことはそれから考える時でも、病院から紹介された葬儀社に任せると高い値段を請求されかねません。

千葉県では仲介業者に頼んで家または死体安置所まで運んでもらえますが、最低3万円から依頼することができます。

・ムダを省いて安めに葬儀を行う

通夜や告別式を行うと式場の費用がかかり、参列者を飽きさせずに待たせるために、控え室にマッサージを用意したり、美味しい食事を準備したりすると、あっという間にお金が無くなってしまいます。

それで、最近では出来るだけムダな作業を省いて安く葬儀を済ませることが流行しているそうです。

ちなみに、搬送と火葬だけなら約10万円で行うこともできるようです。

・料金を抑えるときには仲介業者に頼む

千葉の仲介業者が葬儀社と値段を交渉して、利用者がいいサービスを格安で受けられるように工夫しているので、自分で葬儀社に頼んで、会場を予約するよりも、仲介業者に頼んだほうが安く済むことがあります。

《関連記事》→現代の葬儀事情 安さにこだわりすぎるのは要注意 – ライブドアニュース


Comments are closed.