千葉の葬儀を選ぶわけ

全国の葬儀は個人で行う人が増えていますが、千葉の葬儀の規模は少し大きめで、50人から100人は呼ぶという人が全体の3割以上います。

ペットの葬儀について

on 2016年2月7日

少し前までは、ペットが死ぬと家の庭にそのまま埋めていましたが、今の世の中ではペットも家族の一員になり、今ではペットが死ぬとペットのための葬儀が行われるようになり、千葉にもペットの葬儀場がたくさんあります。

・何時でもペットを火葬できる葬儀場

ペットも家族のようにみなされているとはいえ、犬の葬儀で会社を休んでは上司に叱られてしまいますし、日中に時間をとってペットの葬儀に立ち会えない人もいます。

それで、仕事の都合で深夜に火葬したい人でも、千葉のペット葬儀場ならば365日24時間体制で営業しています。

・どんなペットでも火葬できる葬儀場

火葬されるペットは犬だけとは限らずに、猫やうさぎ、モルモットを飼っている人もいます。

それで、千葉県のペット葬儀場で火葬するときには、火力と空気を細かく調整して、長めの時間をかけることで、どんなペットでも残骸が残るように工夫されています。

そのため、犬や猫だけでなく、小鳥やリスなどの小動物、カメや蛇、トカゲに至るまであらゆるペットを骨を残しながら火葬することができます。

・火葬された遺体は墓地へ

埋葬料金によって火葬の仕方が少し異なり、他のペットと一緒に合同で火葬され、共同墓地へ埋葬されるプランは1万円からできますが、自分の家のペットだけが個別に火葬される家族葬を選んで、飼い主との別れなどのイベントも含めると、料金は3万円を超してしまうので、自分たちの家の財政を考えて選択できます。


Comments are closed.