千葉の葬儀を選ぶわけ

全国の葬儀は個人で行う人が増えていますが、千葉の葬儀の規模は少し大きめで、50人から100人は呼ぶという人が全体の3割以上います。

葬儀の会場について

on 2016年1月21日

千葉で行われる葬儀の規模は、他の都市よりも大きめで、集まる人数が100人近くになることもあるようですが、喪主は参列する人の交通の便を考えたり、たくさんの人が参列しやすい会場を選んだりするようです。

・駅から近い会場を選ぶ

葬儀に参列する人の数も多くなると、他県から千葉に来る人もいるので、交通の便が良いセレモニー会場を借りる必要があります。

ある葬儀場は千葉駅北口から徒歩で行けるので、東京方面から電車で来る人は便利ですし、車で来る人にも約40台分の駐車場があるので、乗り合わせてくれば十分な数の人を収容できます。

・家族葬や一般葬など用途に合わせて使える総合セレモニーホール

千葉駅から徒歩で行けるセレモニーホールで、約400台の車が停められる大規模な葬儀場もあり、車でも電車でも来れる場所にあります。

このセレモニーホールは規模が大きいので、あらゆる葬儀に対応していて、通常使う式場は、家族葬や一般葬または自由葬に対応していますが、式場と控室が一緒になったファミリールームという部屋があり、家族葬を行いやすくなっています。

・参列者に負担をかけずに、疲れを癒すことも重要

一部のセレモニーホールでは、参列者の疲れを癒すために、控室にジェットバス付バスルームやマッサージ器が用意されていて、遠方から来た人がリラックスできるように工夫されていて、控え室はリビングと和室を選ぶこともできるようです。

また、子供たちも飽きずに待っていられるように、DVDや絵本が用意されているところもあるそうです。


Comments are closed.