千葉の葬儀を選ぶわけ

全国の葬儀は個人で行う人が増えていますが、千葉の葬儀の規模は少し大きめで、50人から100人は呼ぶという人が全体の3割以上います。

千葉の葬儀について

葬儀のやり方やしきたりは地域によって違いがあり、都市部や農村部でも差があります。

一昔前であれば葬儀は自宅で行い、近所の人たちが手伝いに来ましたが、最近ではそうでもなく、千葉市においては家族だけで済ませる人が増えているようです。

・千葉ではどんな火葬場を使うか?

千葉に住む大多数の人は火葬の時には、公営の斎場を使い、民営の火葬場を使うという人はほとんどなく、全体の3パーセントにすぎませんが、東京などの都市部では公営の火葬場が混み合うので順番待ちになり、結果として民営の火葬場を使う人も50パーセントに上るそうです。

・千葉では葬儀の規模が少し大きめ

現代の日本では少子化が進んでいて、以前ほど近所付き合いもしなくなったため、葬儀は個人で行う人が増えていて、葬儀の出席者も30人以下という感じですが、千葉の葬儀の規模は少し大きめで、50人から100人は呼ぶという人が全体の3割以上います。

・一番人気は家族葬、でも葬儀の仕方は異なる

ある調査によると、全国では8割以上が家族葬で葬儀を行っているようで、千葉でも8割近い人が家族葬で葬儀をしているそうです。

しかし、葬儀の流れに若干の地域性が出て、全国では通夜をしてから告別式、それから火葬という流れですが、千葉の一部の地域では告別式の前に火葬を行うようです。

千葉でも、通夜や告別式は民営の会場で行うのが主流ですが、公営の斎場で行ったという人が全国に比べて2割以上いて、他の県よりも積極的に公営の会場を使っていることがわかります。

◇参考ページ>>千葉の葬儀最新リサーチ